医師の実態

研修医むけの医師求人のお話

医師の仕事と診療科の選択

医療は社会のインフラであり、警察や防衛、教育、食料補給、水道電気の供給などと並ぶ社会を安定させるために絶対必要な社会の根幹の職業です。それと同時に医師は人を助ける仕事です。

不幸に遭遇してしまった人を開放することで、患者さんから大変感謝されます。
誰かに感謝されること以上に誇らしく思えることはないでしょう。

医師の仕事は本質的に人を不幸から救い、インフラとして社会の安定に貢献し、助けた相手から個人として感謝してもらえる、非常に素晴らしい仕事です。
医師である以上、あなたは医師として何を選んでも社会で役に立つ存在だと言えます。
内科であろうが、外科であろうが、研究者であろうが、教育者であろうが、社会でとても役に立つことができるのです。医師という職業そのものが、どのような道に進もうとも根源的に素晴らしい仕事であることをまず再認識してください。

研修医は自分の選ぶ診療科について、表面的なイメージにとらわれがちですが、医師の仕事はどれも素晴らしいのですから、自分が一番好きになれそうな、興味を惹かれる道を選べば良いのです。

制作者

つっきー

医師の実態や診療科選択のポイントなど少しでも役立てれば幸いです。

admin@otshdergisi.com