医師の実態

研修医むけの医師求人のお話

研修医の診療科の決め方

研修医のキャリアパスについての多くの悩みは、将来の診療科についてです。
その人が選ぶべき診療科がどこであるかは、個々の性格に合っているかが重要で、自分の性格を知ることが必要です。

自分の性格の根源や欲求の根源は何なのか、絶対に譲れないと思う価値観や目標は何かを自問自答を繰り返して明確にし、それに合っている診療科を選択します。

古い医師の中には診療科を差別する人もいますが、そういう医師は間違いなく自分自身と向き合うことをせず詰まらないキャリアパスを歩いてきた人間で、後輩にキャリアパスについて語る能力はありません。
どの診療科に行っても大海原が待っている状況は同じです。
優秀な人間は、周囲が何科の医師であるかは気にしません。
その人の仕事内容のレベルに興味をもつか、自分の仕事だけに集中します。

もしまだ診療科を選んでいないのならば、自分の性格を自問自答してみてください。

綿密にものを考えることが好きなのか、手を動かす方が良いのか、データだけを診ていたいのか、人の心も相手にしたいのか、チームワークが好きなのか、普段は独りで考えたいのか、これらのことを基準に、自分に合った診療科を選びましょう。

制作者

つっきー

医師の実態や診療科選択のポイントなど少しでも役立てれば幸いです。

admin@otshdergisi.com