医師の実態

研修医むけの医師求人のお話

研修医が目指すべき理想の医師の注意点

研修医が目指すべき理想の医師とは、オンリーワンの医師です。
オンリーワンであるとは、自分にしかできない仕事があり、しかもそれを他の人が必要としてくれている状態を指します。

オンリーワンは、理論的には無数に存在することができますが、オンリーワンとなるのは決して簡単なことではありません。
他の人に必要とされてこそオンリーワンであると言えます。
いかに自分のしていることがオンリーワンだと思っていても、それが自分にしか評価できないような主観的なものではオンリーワンではありません。
オンリーワンかどうかを決めるのは他者なのです。

そのため、オンリーワンであるためには自分のしていることを常に客観視しなければなりません。
自分のやっていることが他の人の役に立っていたとしても、誰かに代替できることならば譲ってあげて、さらに一段上の仕事をしましょう。
代わりがいる仕事で満足してはいけません。

このように、独りよがりであったり、代わりがいる仕事ではオンリーワンな存在にはなることができません。
若い成長の時期は人生でわずかしかありません。
オンリーワンの生き方をするためには、早くからオンリーワンを意識したキャリアパスを描くことが重要です。

2019.05.29 研修医が目指すべき理想の医師の注意点

制作者

つっきー

医師の実態や診療科選択のポイントなど少しでも役立てれば幸いです。

admin@otshdergisi.com